配車担当と事務員の連携で
無駄な転記作業を大幅に削減
会社全体の業務効率化UP

株式会社 日昇運輸 様

所在地

保有車両

主な方面

静岡県焼津市

13tウィング、4tウィングを中心に35台

関東、関西、静岡

  • TUMIXを利用する前の業務はどのように実施していましたか?

    紙の配車表を利用していました

    配車は紙の配車表を利用していました。定期運行分を最初から印刷した状態で用意しておき、後にスポットで得た貨物を配車表に追加することにより、その日の配車表として完成させていました。請求書はこの配車表と伝票を事務員がチェックをしながらExcelで作成していました。

  • TUMIXへ期待したことは?

    最初は導入を考えていなかった

    「この仕組みは良さそうだな」と思いIDを登録してみたものの、今までの運用方法で業務に困っていた訳ではないため、最初は今までのやり方を変えてまでTUMIXの導入を考えていませんでした。しかし、サポートチームの方とお話をしていく中で配車だけでなく、請求業務なども含めて考えると会社全体で大きな効果になるのではないかと思い、改めて考え直しました。

  • TUMIXを利用してどのように変わりましたか?

    請求業務の負担を削減できました

    今まで請求書は、事務員が紙の配車表、ドライバーの日報を目視しながら、荷主毎にどんな運行があったのかを仕分け、その結果をExcelに入力していました。TUMIXでは配車の情報がそのまま請求書として出力されるため、配車担当者が紙の配車表からTUMIXに変更したことにより、事務員が紙の配車表からExcelへ転記していた作業を減らすことができました。配車担当と事務員が連携し、転記作業を削減できたことの効果は非常に大きなものでした。

  • TUMIXのどの機能を一番活用していますか?

    貨物の繰り返し登録です

    システムへ登録する作業は、最初は戸惑う事もありましたが、入力を繰り返すうちにだいぶ楽になり、戸惑ったのは今では懐かしい過去です。TUMIXでは貨物登録を支援する機能も充実してきており、中でも固定便の登録に威力を発揮する『貨物の繰り返し登録』は1ヶ月分の貨物が1分で登録できます。この機能は、最初から実装されていた訳ではなく利用者の声を聞いて作ったと聞きました。本当に便利になりましたが、あと1週間早くリリースしてくれたら、その月の貨物を1つずつ登録しなくて良かったのに、とサポートの方に文句を言いました(笑)

  • 今後の展開は?

    請求業務のチェックや修正作業を更に簡単にしたいです

    請求業務では、高速代の利用有無、受領書や荷主からの支払明細との突き合わせなどいくつかのチェックを行います。この後には運賃や高速代の修正作業が発生しますが、今後はこの作業をもっと簡単にしたいと考えています。TUMIXの機能もさらに便利に改良されることを願っています。

  • TUMIXへこれから期待することは?

    誰にも簡単で使い易い仕組み

    使い始めてからもTUMIX機能は継続的に改良され、以前よりも使い易くはなっています。引き続き、誰にでもわかりやすく、簡単に使える仕組みを目指して、頑張ってもらいたいです。また求貨求車に関しても充実していくことを期待しています。